熱血指導は神の領域

- 2018.01.20 Saturday msophia

あの闘将といわれた星野監督が死亡した。私が慶応へ進学した当時彼は明治大学のエースだった。マウンドでは一球なげるたびに大きな声を発していたー「この野郎」と大声を出していたのを記憶している。明治の当時の監督は島岡さん。元明治の応援団長だったそうで、野球は素人のはずだが、なぜか監督だった。明治根性野球の典型を私は目撃したのだ。当時は、法政に田淵、山本、富田の三羽烏、早稲田には谷沢、荒川といったすごい選手がいたのだから。学校で授業を受けるよりは彼らのプレイをみるほうがよほど楽しかった。大学は大学闘争で荒れてしまい私も勉強などする気にもなれず、神宮球場がリフレシュの場所だった。神宮で目撃した元気いっぱいだったスター星野監督がまさか死んでしまうなんて思いもしなかった。死因はすい臓がんと公表されていたから、明治大学の野球部は入部したばかりの星野選手に一気飲みを強要して、そのあげく急性アルコール中毒にしていたのではなかろうかと穿ったみかたをもしてしまう。そして膵臓を若くして痛めてしまったのがすい臓がんの遠因となったのではないか。膵臓は物言わぬサイレント臓器だから、発病の有無は掴みにくい。一度発病すれば回復はおぼつかない。誠に惜しい人が野球界から消えてなくなり、元野球小僧の小生は心から哀惜の辞を述べさせていただく。

星野監督によると、恩師島岡さんは右翼思想の持ち主であったという。安保反対の学生運動が盛んな頃、島岡と星野は一緒に車に乗っていたが、ピケを張りデモに参加している学生を見て、島岡は当時主将だった星野に「おい星野、あの連中は赤か?」と聞いた。星野が「そのようですね」と返事すると、島岡は「連中をぶっとばしてこい」と命じた。星野は見ず知らず、しかもこちらに対して悪意のない連中を殴るのはと内心ためらったものの、「御大の命令とあらば、たとえ火の中、水の中」とばかりに殴りかかったという(『星野仙一のすばらしき野球野郎』1983/7 日刊スポーツ出版社 ISBN 4-8172-0066-9)。 星野投手が大学の初登板で負けたときには明大の野球練習場のマウンドでパンツ一枚の恰好で島岡監督に一晩中正座をさせられたという。しかも朝方ふと気付くと監督も暗闇の中で正座をしていたと星野さんは述懐していた。熱血指導を超えた神がかり的島岡監督の指導が、星野監督の根源だったのだ。慶應野球部ではここまで凄まじい話はきかない。私の後輩になる山下大輔が大洋に入団して、無失策連続日本記録を打ち立てたスター選手だった。入部した彼へのしごきはノーグラブで何百本のノックを受けさせることだった。手は血だらけで皮もはげてしまったらしい。それが根源となってスター山下が生まれた。彼は一年せいの秋だったとおもうがピンチヒッターで始めて出場するやホームランをかっ飛ばして見せた。エクサイテイングな山下のあの一打は未だに私の網膜に鮮明に残っている。精進なくしては成果は得られないのは何事も同じである。天才と言われる人ほど隠れたところで努力をしているのだ。そういった素晴らしい才能を開花させるのは熱血指導だと私は思う。私も年はとったが熱血は忘れないつもりでいる。それを忘れたら本当に引退しなくてはいけなくなるだろう。この冬も朝の10時から10日間連続で生徒の勉学指導をしたが生徒も毎日頑張ってくるから、こちらも頑張るわけだ。互いの努力がないと熱血指導は結実しない。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

盛り上がらない久留米市長選挙

政治 2018.01.20 Saturday msophia

明後日は久留米市市長選挙が実施されるはずだが、町では選挙ムードがさっぱり盛り上がらない。どういうわけだろうか?大久保、宮原、もう一人は名前を知らない人。三名立候補しているが時折チラシが自宅のポストにはいっている程度のものだ。楢原市長が「大久保氏を私の正当な後継者として認める」などと、市民に向かっていうのがおかしい。正当な市長だと決めるのは市民であることを楢原一派は忘れている。大久保氏は明善校卒業であるから私の後輩だが全く個人的には知らない人だ。潰れた東京銀行を辞めてモルガンスタンレーというアメリカの証券投資会社で1億円の給与をもらったこともあったとか。しかしながら、彼をよく知る民進を応援している私の友人は大久保氏のことをよく言わない。なぜなならば、彼はサービス精神がなくて公僕には不向きだというわけだ。民進党の参議院議員当時は大久保氏は地元のためになる仕事は一切せずに、議員報酬をもらうだけのひとだったとか。さらに、国がする土木関係者向けの公共事業を大幅に削減したからその世界の人達にはかなりの恨みを持たれているとか。意外と評判が悪い。私が思うに、民進党は瓦解しつつあるから大久保氏は先を読んで早々と国会議員を辞職、次期市長を長期作戦で狙ったとのだろう。大久保氏を応援する人達も商工会議所会頭の本村氏と鳩山議員だから大久保氏は当選後は彼らに鼻先を掴まれて引きずりまわされるかもしれない。
一方、宮原氏は更に影が薄い。もっと頑張れば勝つかもしれないのに。本気でやる気があるのだろうか?毛並みはいいし外務省の役人で、品格もありそうだし、人柄も悪くはないようだ。しかし、頭を下げて下げて手を握りまくって選挙運動をするどぶ板選挙ができない。組織がない人はどぶ板をはいでも、1票を取らないと勝てないのに。あれでは勝てそうもない。私の知り合いが随分と宮原氏を応援しているそうだが、私には応援の依頼もない。頼まれもしないのにこちらから出かけて応援する必要もないだろう。必死の熱意がない候補者には私も応援する気にはなれない。結局は大久保氏の勝ちで終わるのだろう。明善が附設に勝つのは稀有の事である。卒業生が多いほうが有利なのだ。
問題は大久保氏が当選した暁には、民進党の元の仲間たちが彼に近づいてくることだろう。市長の部屋にも堂々と入ってくるだろう。或いは、怪しげな肩書をもらって市役所の中へ入ってくるだろう。大久保氏がそういうことをうまく防いで市役所を公明正大に運営できたら立派な市長になれるだろう。そのうち本村氏も会頭を辞職するだろうから。鳩山議員はまだヒヨコだからたいしたプレッシャーにはならないはず。久留米市はプラザビルを大金をはたいて建設したが、毎年7億円金利を支払っているとか。金利を払い終えないうちにプラザビルは運営がいきづまるおそれがある。市の持つその他の建築物や施設にも作られた後さっぱり活躍していないものがある。また、久留米市は外人が観光に来る場所がない。外人は久留米を素通りしている。柳川、大宰府、三橋町の大藤などは小さな町なのに、しっかり外人を引き付けている。プラザビル、ラーメン、焼き鳥では外人は来ない。整備された景観を人為的につくればいいのにと思う。久留米市の役人はどうもやる気がないのではないかと思われても仕方ないだろう。だから市長選も盛り上がらないのだろう。30万の人口を抱えているのに無為無策の市役所に見える。市長一人が悪いのではないが、役所自体が比較的大きな田舎町の小さな幸せにひたりすぎているんではないだろうか?斬新的な市長が誕生してもらいたいものだ。

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

女性の自立と少子化

少子化対策 2017.09.27 Wednesday msophia

うちの奥さんは全く社会で働いたことがない。私が働いて欲しくないと望んだわけでもないが。彼女は社会に働きにでようとは露とも思わなかったようだ。結婚した当初に少しだけ塾で働いてもらったが一年もなかったと思う。今の時代に生きていたなら彼女でも何ららかの資格を取り、甲斐甲斐しく自立をし結婚もしなかったのではなかろうか。
ヨーロッパの自由主義と個人主義が日本にもストレートに浸透して、今や結婚はなるべく遅くするものへと変貌したと言えよう。安部首相以下年金のストック量が気になってしかたがない財務官僚は若者への結婚、家庭作り、共稼ぎの労働形態を推し進めるのだが、彼らの思惑通りにはいかないだろう。今の若者が自由を謳歌し、孤独をひそやかに楽しみ、一人で旅行をしたりして、その一方酒場のような寄せ集めのcommunityには見向きもしない。おそらくインテリほどこの傾向が強いだろう。国がどれだけ子育て支援をして人口増加への糸口をつかもうとしても、国の今までのありかたが今の若者を作ったのだから、私は政府の努力は結実しないと思う。結婚したら一千万円、子供一人で数百万円贈呈するといっても、気が進まないことは今の若者は決してしようとしない。こういう人達は今までの日本人から見ればアメリカ人かヨーロッパ人にしか見えない。しかしながら、今の若者はEuropean egoはあるんだが、まだまだ本物のegoを得るには修業が足りない。私に言わせれば今の若者のegoはshaky egoである。これがsteelの如くtoughでhardなegoへと変貌すればまた若者たちが自己確立して違った視点を持ちながら結婚をして子供を持つ方向性ががうまれるだろうと、私は期待している。
私など結婚した当初は大学院にずっといたせいで貯蓄はないし始めたばかりの塾の収入はわずかしかなかったが、体力と気力でそして家族への扶養の義務を脅迫観念のごとく抱いて、なんとかしのいだ。その一方、自己犠牲ばかりさせられたといった負の意識を結婚生活や家族に持つ傾向が強かった。何故そういった考え方をしたのか?知らず知らずしてそういった結婚観を持つに至ったのだろう。自分が育った家庭の影響、戦後の余裕なき窮乏な少年時代の生活。思想や傾向はEuropean風個人主義と自由主義だったがその実態は極めて表面的な欧州文化の模倣だった。当時エゴイストは自己中心主義という意味で使われていた。欧州人が個々の人間の強さや逞しさを保持している文化的背景も分からなかった。言うなれば食うために勢いだけで生き抜いていたのだろう。このタイプが仕事人間を卒業したのちは燃え尽きてしまうのかもしれない。今の若者は昔の若者と違い結婚をゆっくり、慌てずにできるほどにいろいろと余裕があるのかもしれない。焦ってもできないものはできないと達観もしているようにも見える。
今後女子はますます働きに出る人が増えていくだけに経済的な自立をした人達が増えていく。それだけに女性はしっかりした男性を伴侶に選ぶ傾向が強い。適当な相手がいなければ結婚を諦める女子も少なからずいる。医師や薬剤師、教師、大学の先生、弁護士、税理士、会計士、行政書士と女性の登竜門は多い。将来は男性で3人に1人が一生独身で過ごす時代がくるらしい。昔の私は、お世話を焼いて頂く女性のおかげでなんとか人並みの結婚ができたが、今やそういった世話役も少ない。egoの弱い人間性しか持ち得ていない一部の男性は結婚したくとも女性が「見初めてくれなくなった」。昔は男性が気にいった女性を見初めるといったものだったが時代は変わったのである。職場結婚も激減したらしい。この先ますます自立した女性が増えるだろうから政府もただ子育て支援とか子供を育てるめに子供保険を創設しようなどと、政策ばかり立てても実らない。むしろ、女性を登用する政策を実行すればますます女性は自立したくましく生きる。なかなか伴侶を見つける暇もない。仕事をすれば充足感をえることができるから仕事が楽しい。これは男性も同じ。仕事にばかりかまけて家庭を顧みれない男性がたくさんいる。若い女性が自立すればそういった仕事女性が増加するのは間違いない。国の政策が目指す目標である「結婚したのちにも働ける環境作りが」むしろ人口減少という結果を招く恐れがある。しかしながらそれは時代の流れだから国は辛抱するしかなかろう。イタリア並みに子供が少ない国に日本はなるかもしれない。劇的な子供増加対策は実行できないだろう。
そうなると小学校から家庭の意義、親子の関係、先祖の持つ意味、家族と社会、人間関係の楽しさ大切さ、難しさ、そして自己の確立などを教育するべきだ。大家族が果たしていた役目を思い出す必要がある。もちろん家庭での教育が重要であることは論を待たない。
小学生に英語を教えるよりはずっとこちらのほうが大切だと私は思う。人間教育は小学生の頃が重要だ。英語教育などそれほど慌ててしなくてもようかろう。もちろん今行われている人口増加対策は続けてようかろう。幼稚園等の無償化が10月の選挙でのappeal themeの1つになるようだ。消費税の増税分を別の目的に使うことには私は賛成しかねるが、幼稚園や保育園等の授業料は結構割高だし4〜5年も通園するとなると家庭の負担が大きいから国の補助を出すのはいいだろう。
となると国はますます株式市場を活用して資産運用を行い、収益を何兆円も上げて金融資産を増やしていかねばならない。アベノミクスのバズーカ砲は安倍政権が変わっても自民党が政権を持つ限り続くことになる。今の政府は誠に運用が難しくなったものだ。株式や債券市場は悪く言えば博打だから、いつでも予期せぬことが起こりうる。それでも博打を打たねばならない。金融経済がわからない観念論者にはこういった流れにはついていけないだろう。次回の選挙でこの種の経済音痴の政治家が減らねばいけない。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

東筑高校と明善高校の違い

- 2017.08.09 Wednesday msophia

福岡県代表東筑高校は残念ながら初戦敗退の結果だったが、あの進学校が甲子園に出場したこと自体が称賛すべきことである。公立高校なぞは恵まれた球場もないし、他の部と共用しつつ練習をしなくてはいけない。県大会の決勝で私立の福大大濠高校に東筑が勝ったに喝采をした人も多かっただろう。ヤクザ映画で名を馳せた高倉健もこの学校のOBである。八幡といえば気性の荒い男衆がいたところで、あか抜けた元城下町の小倉とは違った町の雰囲気が今も残る。北九州市は元来八幡、戸畑、若松、小倉、門司といった市が合併してできたのだが、小倉を除けば工場や、他の市は海浜での労働従事者や工場労働者が多く、がらも悪かった。
八幡製鉄所の煙突から吐き出される煙の色はまさに戦後日本の躍進の象徴だった。高倉健さんによると、子供時代には彼の家の周辺では毎朝人間の死体が転がっていたほどのあれすさんだ町だったらしい。炭鉱で労働者が争議を引き起こすと、労務管理の社員にドスを突き付けたり、机にドスを突き立てたりされてお脅されたらしい。私の親戚の伯父の一人が九州帝大の地質学科出身で日鉄鉱業の傘下にあった筑豊炭田で労務管理役として勤務していたが、労働争議が起こると会社に出勤する際は護身用にドスを持参していたと言っていた。それほど気性が荒いのがたくさんいるのが北九州市である。
北九州の公立高校は小倉と東筑が横綱格の学校である。スポーツも強いし、進学実績も立派な学校である。小倉も野球では県大会に出場したし、玉竜旗では5回戦まで勝ち残っていた。北九州の人達は喧嘩も強いだろうが、お行儀も非常に良い。高校の生徒達の躾が非常に宜しい。それだけに一糸乱れぬ団体行動がを見事にやってのける。任侠道が町にいきわたる下地が昔からあったのだろう。北九州は福岡南部とは文化が全く異なる地域である。
わが母校の明善高校は今年はスポーツはさっぱりだった。玉竜旗は初戦に勝てば3回、4回と勝てたかもしれなかったが、初戦で敗退。がっくりきてしまった。昨年は5回戦まで残って健闘しただけに残念だった。野球も初戦敗退。柔道も初戦敗退。明善校はすっかり存在感がなくなってしまった。これだけ弱いとなると「お遊戯会」と揶揄されてもしかたない有様だ。
明善校は進学実績は結構いいから、東筑にも引けはとらない。それだけにスポーツでもっといい成績をあげてもらいたいものだ。明善校はグランドを2面持っているだけに環境は東筑よりもいいはず。やはり優れた選手が来ないといけないのかと思う。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

予備校講師の組合作りの効果

- 2017.07.30 Sunday msophia

河合塾の世界史講師が組合運動をしたせいか、コマを減らされ法的手段に訴えたそうだ。裁判所の判断が待たれる。元来予備校講師はコマは毎年契約更改でもって確保されるが、同じコマ数が毎年確保される保証はない。非常勤講師として扱われるから予備校がコマを与えなければ「くび」になるだけである。
今回の裁判のポイントは、労働契約法19条だ。この条文では、使用者に対し、客観的に合理的な理由があり、社会通念条相当だと認められない限り、これまでと同等の労働条件での契約をしたものとみなす、としている。この講師は、本来であれば、前年度と同様の契約が更新されていたと訴えている。河合塾では講師達が組合を作り経営者の不当な要求、解雇、コマ減らしに戦うつもりだったのだろうが、今のところ組合自体が動く気配はない。予備校講師は勝手気ままな連中が多いから集団行動は苦手だろう。この講師は組合への当てが外れたと思ったはずだ。河合塾講師組合は現実は経営者の意図をくむ御用組合かもしれない。
河合塾は全国展開を仕掛けた時代に、講師を確保する必要があったから専任制度を積極的に導入した。その専任には2種類あった。教材作成の権利をもち、夏冬にはボーナスをもらい、コマ数が多い専任。他方はコマ数は多いが、ボーナスはなくて、私学共済には加入できた専任。両者の収入の差は数百万あった。
この世界史の専任講師は前者の専任と推測できる。今の時代で河合で合計8コマもっている専任だから優秀な専任であろう。テキスト編集もしているだろうし、夏冬の講習会でも優先的にコマ数が確保できていただろう。首になった理由の一つが有給休暇獲得の運動を講師がしたことだそうだ。こういった休暇は予備校講師には違和感がある。本来、講師はかなり休暇は自由にとれるし、暇も多い。講師業に慣れたらかなりストレスも減り、楽しい仕事になるかもしれない。ただ昔は10コマが専任条件だったことと比較すると、現在は4コマで専任である。昔の4割しか河合も稼いでいないと推測できる。予備校講師が人並みにいい暮らしを望むのは現実的に厳しいようだ。ひとり者で、結婚はせずに、子供はいないが頭はそこそこ良く、人間とのかかわりが好きな人が向いているだろう。
予備校講師が華やかだった時代にはかなり恵まれた給料をとった講師も今や存亡の危機にある。しかし、河合塾の講師だから記事になる程度の注目度があったが、小型予備校ではコマの減少や首切りは普通に行われている。そこで働く講師は法的手段に訴えることもしない。これが現実である。この講師は河合塾をはずれて始めて今までの恵まれた環境に気づいたことだろう。
少子化が招くこういった社会現象に裁判官がどういった判断を下すのか注目したい。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode