留年生が増加する医学部

教育 2018.02.06 Tuesday msophia

国内の大学医学部は6年制なので、現役合格すれば18歳で入学し、24歳で医師資格を取得して卒業をするのが最短ルート。ところが、都内のある私立大医学部の教育センター担当者は、「6年ストレート合格の学生は年々減っている」と明かす。地本久留米医大等は入学生の浪人年数が平均して5年だそうだから留年した場合に経済的な負担と、キャリアーnegative impactは大きい。龍年は避けたいところだ。

しかしながら、いま医学部生の留年者数が増加していることが、大学関係者の悩みの種となっている。全国医学部長病院長会議の調査によると、集計が取れる全53大学の1年生次の留年者数は2015年度で260人。2008年度からの医学部定員数増の影響を控除した補正留年増加率で見ても、定員増前の1.63倍と急増しているのだ。

都内のあるマンモス私立大学の医学部6年生は、「2年生から3年生に進級する時に10人〜20人留年する。それ以外は5人程度。留年の増加理由は、臨床科目や実習が前倒しになっていて、入学すぐに猛勉強をしなければならなくなったから。医者も人間なので遊ばせてあげてください」と話す。中部地方にある地方国立大学の5年生は、「同期では2年次に15人、3年次に数人、4年次に10人近く留年してしまった。講義に沿わない理不尽なテストもあり苦戦することも多い」。ともかく勉強家が進学する国立医学部でも龍年が増えている。


国内の大学医学部は6年制なので、現役合格すれば18歳で入学し、24歳で医師資格を取得して卒業をするのが最短ルート。ところが、都内のある私立大医学部の教育センター担当者は、「6年ストレート合格の学生は年々減っている」と明かす。


実はいま医学部生の留年者数が増加していることが、大学関係者の悩みの種となっている。全国医学部長病院長会議の調査によると、集計が取れる全53大学の1年生次の留年者数は2015年度で260人。2008年度からの医学部定員数増の影響を控除した補正留年増加率で見ても、定員増前の1.63倍と急増しているのだ。


都内のあるマンモス私立大学の医学部6年生は、「2年生から3年生に進級する時に10人〜20人留年する。それ以外は5人程度。留年の増加理由は、臨床科目や実習が前倒しになっていて、入学すぐに猛勉強をしなければならなくなったから。医者も人間なので遊ばせてあげてください」と話す。中部地方にある地方国立大学の5年生は、「同期では2年次に15人、3年次に数人、4年次に10人近く留年してしまった。講義に沿わない理不尽なテストもあり苦戦することも多い」。九大医学部に行った私の教え子は何年留年したか分からないほど長きにわたり留年をつづけたあげく、昨年28歳で医学部卒した。入学時は7番で合格したほどだから勉強ができないわけではないが、マイペースの学生生活を送りたかったらしい。福大医学部へ行った生徒は1年生時に一般教養の心理学の単位を落として留年し、そのせいで調子がくるってしまったのか卒業するのに随分とかかった。他の学部では心理学で落ちるなどありえないが、医学部は先生の対応が厳しいようだ。

医学部は1つでも必修科目を落とすと留年になるなど(福大は特別のようだ)、他学部と比べて進級条件が厳しい。特に2年次になると解剖学や生理学など膨大な情報量の基礎医学の講義が朝から夕方まで毎日入り、脱落者が多く出てくる。ただ、こうした厳しい進級条件は今に始まった話ではない。医学部人気の過熱で、日本中の優秀な頭脳が医学部に集まっているはずなのに、なぜ留年者数が増えているのか。

その理由の一つは、少子化により18歳人口が減っているにもかかわらず、2007年まで7625人だった医学部の定員が、この10年間で9420人に拡大されてきたことだ。医学部志望者数が増えて偏差値は上がっていても、「全体の学生のレベルは若干落ちている」という見方が大学関係者からあがる。


合格した後で急激にモチベイションが低下するのも医学部学生のようだ。就職が恵まれているとか、収入が比較的よいとか、偏差値が高いからという都合のいい観点から大学を選択しているものが多いから彼らは鼻から合理的精神しか持ち合わせていないである。地域貢献や老人介護、難病治療といった苦労は頭にないだろう。医者不適格な連中がかなりの割合で合格するから悲惨な結果となる。医学部に合格した後には燃え尽きてしまって学校へ来ないものもいる。医学部が予想以上に勉強を強いられると分かりやる気をなくすのもいる。心から医者になるという気持ちがなかった人達は厳しい洗礼を浴びる。医者になった後も先輩には逆らえない階級差別が眼前に立ちはだかるから、あまり自由な雰囲気はないだろう。久留米医大は医者の子供が多いだけに入学すれば意外と頑張るし、楽しそうにやっている。留年は1学年で10名程度らしいから、一部の地方公立医学部よりはずっとましである。問題は地方公立医学部である。ここに医者不適格な連中が隠れ潜むのである。弊害を除去するために試験制度を改める必要があるだろうとおもう。医学部志望者は「医者とは仁術なり」という言葉をよくかみしめてほしいものである。また医者は名誉も持ち合わせて、自尊心も高い、また医師免許があれば努力する限りは食うには困らないはず。こういった恵まれた人達でもある。都合のよい考えだけ持っていても医者は務まらない。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

地域枠推薦を利用しよう

受験 2018.01.25 Thursday msophia

医学部入試では、たとえば東北の高校生が九州の医学部を受験する、あるいは逆のケースが多々ある。私立大学と比べて大幅に安価(約6分の1〜20分の1)な国公立大学医学部の貴重なイス5,780個を全国の優秀な高校生たちで奪い合うため、戦いのフィールドがどんどん広がっているのだ。
 しかし、国立大学医学部には所在する地域医療を充実させるという大きな使命があるため、たとえば大分大学で医師免許はとったものの、「出身は東京なので、卒業したら帰ります」といった学生が続出してはちょっとまずい。研修医が自由に研修先を選べるようになったこともあり、地域で生まれ育った学生に少し下駄を履かせてでも入学させたいという地域枠の設置は、いってみれば苦肉の策ともいえる。

 前編で述べたように、すでに医学部の2割近い定員が地域枠入学者だ。この地域枠制度を裏技的に使えば、普通なら医学部に届かない実力であっても一発逆転が可能だ。たとえば、都市圏にある有名高校で中位程度の成績を取る実力があるのなら、へき地にある公立高校でトップを維持すれば地域枠で合格できる。本気で地域医療を支えたいと希望する中学生なら、無理して難しい高校に入る必要はなく、むしろ「地元志向」こそ有利になる。それが医学部入試の新しい潮流だ。

 国は、「2024年には約1万人の地域枠卒業生が地域医療に従事する」と予測する。しかし、入学時に地域医療への思いを熱く語っていたうぶな高校生たちも、研修先を決め始めるころにはまなざしが変わってくるという。「老人の脈をとって、毎日同じ話を何度も聞く生活は、期間が限定されているとはいえ耐えられない。医師としての腕も落ちてしまう」と、ある意味医師らしい冷徹な目で現実を分析する者も一定数出てくるのだ(新専門医制度も関係する問題だが、ここでは置く)。

 若者たちの「地域医療を守りたい」という熱い思いは本物だ。その思いに応え、どうやって伸ばしてあげるのか。試されているのはむしろ大人たちなのだろう。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

医学部への抜け道といえるか

受験 2018.01.20 Saturday msophia


大学入試も大詰め。2月25日からは全国の国公立大学175校で2次試験が実施される予定だ。景気が上向いたこともあって、就職に強いとされる法学部などを中心にした文系人気が高く「文高理低」傾向だが、理系でも医学部だけは相変わらずの高倍率を維持している。文理あわせても別格の安定度といえるだろう。
 西日本は医学部受験熱が盛んな地域だが、九州地方の医学部人気は過熱気味だ。難易度最高峰の九州大学医学部は倍率約4倍で偏差値66〜70と、全国でも激戦大学の1つ。一方、九州の国公立で最も入りやすいとされる宮崎大学医学部でも約7倍、偏差値63以上の狭き門だ(東京大学理科1類と2類の偏差値は約65)。

 ところで、現在の医学部入試には「地域枠」という特別入学枠が設けられている。都市圏に集中する医師の偏在を解消するために2008年に本格導入された制度だ。地域枠は募集の段階で一定の絞りをかける。たとえば鹿児島大学ならば、受験資格を「県内の高校出身者」に限定し、センター試験と面接、推薦状の審査などで合否を判定する。難解な記述式の2次試験を受けずに、基礎的内容が中心となるマークシート方式のセンター試験だけで受験できるのだから、受験生にとってはありがたい制度だろう。都会の秀才たちと張り合う必要もなくなる。ちなみに高知大学など、在籍高校を県内に限定しない地域枠も少なくない。
香川大学では、県が指定する医療機関で9年間医師業務に就くことを地域枠受験の条件としている。しかし、鹿児島大学ではとくに勤務年限を指定しておらず、県が支給する修学資金貸与を受ける意思があることを受験条件に記すのみ。実はカラクリがある。修学資金貸与の条件に、県立医療機関での9年間のへき地勤務が条件として明記されているのだ。
この地域枠制度の定員は、本格導入から10年を経て大幅に増えており、今や全国の医学部を置く大学のうち9割が地域枠を設置している(私立大学も含む)。全定員に占める割合も約17%になった。弘前大学にいたっては、半分以上が地域枠の学生だ。すでに地域枠は、知る人ぞ知る医学部合格の「抜け道」などではなく、地域医療を守る人材を育てる「王道」として確立されたと言っていい。
























  • Yahoo!ブックマーク
- | -

熱血指導は神の領域

- 2018.01.20 Saturday msophia

あの闘将といわれた星野監督が死亡した。私が慶応へ進学した当時彼は明治大学のエースだった。マウンドでは一球なげるたびに大きな声を発していたー「この野郎」と大声を出していたのを記憶している。明治の当時の監督は島岡さん。元明治の応援団長だったそうで、野球は素人のはずだが、なぜか監督だった。明治根性野球の典型を私は目撃したのだ。当時は、法政に田淵、山本、富田の三羽烏、早稲田には谷沢、荒川といったすごい選手がいたのだから。学校で授業を受けるよりは彼らのプレイをみるほうがよほど楽しかった。大学は大学闘争で荒れてしまい私も勉強などする気にもなれず、神宮球場がリフレシュの場所だった。神宮で目撃した元気いっぱいだったスター星野監督がまさか死んでしまうなんて思いもしなかった。死因はすい臓がんと公表されていたから、明治大学の野球部は入部したばかりの星野選手に一気飲みを強要して、そのあげく急性アルコール中毒にしていたのではなかろうかと穿ったみかたをもしてしまう。そして膵臓を若くして痛めてしまったのがすい臓がんの遠因となったのではないか。膵臓は物言わぬサイレント臓器だから、発病の有無は掴みにくい。一度発病すれば回復はおぼつかない。誠に惜しい人が野球界から消えてなくなり、元野球小僧の小生は心から哀惜の辞を述べさせていただく。

星野監督によると、恩師島岡さんは右翼思想の持ち主であったという。安保反対の学生運動が盛んな頃、島岡と星野は一緒に車に乗っていたが、ピケを張りデモに参加している学生を見て、島岡は当時主将だった星野に「おい星野、あの連中は赤か?」と聞いた。星野が「そのようですね」と返事すると、島岡は「連中をぶっとばしてこい」と命じた。星野は見ず知らず、しかもこちらに対して悪意のない連中を殴るのはと内心ためらったものの、「御大の命令とあらば、たとえ火の中、水の中」とばかりに殴りかかったという(『星野仙一のすばらしき野球野郎』1983/7 日刊スポーツ出版社 ISBN 4-8172-0066-9)。 星野投手が大学の初登板で負けたときには明大の野球練習場のマウンドでパンツ一枚の恰好で島岡監督に一晩中正座をさせられたという。しかも朝方ふと気付くと監督も暗闇の中で正座をしていたと星野さんは述懐していた。熱血指導を超えた神がかり的島岡監督の指導が、星野監督の根源だったのだ。慶應野球部ではここまで凄まじい話はきかない。私の後輩になる山下大輔が大洋に入団して、無失策連続日本記録を打ち立てたスター選手だった。入部した彼へのしごきはノーグラブで何百本のノックを受けさせることだった。手は血だらけで皮もはげてしまったらしい。それが根源となってスター山下が生まれた。彼は一年せいの秋だったとおもうがピンチヒッターで始めて出場するやホームランをかっ飛ばして見せた。エクサイテイングな山下のあの一打は未だに私の網膜に鮮明に残っている。精進なくしては成果は得られないのは何事も同じである。天才と言われる人ほど隠れたところで努力をしているのだ。そういった素晴らしい才能を開花させるのは熱血指導だと私は思う。私も年はとったが熱血は忘れないつもりでいる。それを忘れたら本当に引退しなくてはいけなくなるだろう。この冬も朝の10時から10日間連続で生徒の勉学指導をしたが生徒も毎日頑張ってくるから、こちらも頑張るわけだ。互いの努力がないと熱血指導は結実しない。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

盛り上がらない久留米市長選挙

政治 2018.01.20 Saturday msophia

明後日は久留米市市長選挙が実施されるはずだが、町では選挙ムードがさっぱり盛り上がらない。どういうわけだろうか?大久保、宮原、もう一人は名前を知らない人。三名立候補しているが時折チラシが自宅のポストにはいっている程度のものだ。楢原市長が「大久保氏を私の正当な後継者として認める」などと、市民に向かっていうのがおかしい。正当な市長だと決めるのは市民であることを楢原一派は忘れている。大久保氏は明善校卒業であるから私の後輩だが全く個人的には知らない人だ。潰れた東京銀行を辞めてモルガンスタンレーというアメリカの証券投資会社で1億円の給与をもらったこともあったとか。しかしながら、彼をよく知る民進を応援している私の友人は大久保氏のことをよく言わない。なぜなならば、彼はサービス精神がなくて公僕には不向きだというわけだ。民進党の参議院議員当時は大久保氏は地元のためになる仕事は一切せずに、議員報酬をもらうだけのひとだったとか。さらに、国がする土木関係者向けの公共事業を大幅に削減したからその世界の人達にはかなりの恨みを持たれているとか。意外と評判が悪い。私が思うに、民進党は瓦解しつつあるから大久保氏は先を読んで早々と国会議員を辞職、次期市長を長期作戦で狙ったとのだろう。大久保氏を応援する人達も商工会議所会頭の本村氏と鳩山議員だから大久保氏は当選後は彼らに鼻先を掴まれて引きずりまわされるかもしれない。
一方、宮原氏は更に影が薄い。もっと頑張れば勝つかもしれないのに。本気でやる気があるのだろうか?毛並みはいいし外務省の役人で、品格もありそうだし、人柄も悪くはないようだ。しかし、頭を下げて下げて手を握りまくって選挙運動をするどぶ板選挙ができない。組織がない人はどぶ板をはいでも、1票を取らないと勝てないのに。あれでは勝てそうもない。私の知り合いが随分と宮原氏を応援しているそうだが、私には応援の依頼もない。頼まれもしないのにこちらから出かけて応援する必要もないだろう。必死の熱意がない候補者には私も応援する気にはなれない。結局は大久保氏の勝ちで終わるのだろう。明善が附設に勝つのは稀有の事である。卒業生が多いほうが有利なのだ。
問題は大久保氏が当選した暁には、民進党の元の仲間たちが彼に近づいてくることだろう。市長の部屋にも堂々と入ってくるだろう。或いは、怪しげな肩書をもらって市役所の中へ入ってくるだろう。大久保氏がそういうことをうまく防いで市役所を公明正大に運営できたら立派な市長になれるだろう。そのうち本村氏も会頭を辞職するだろうから。鳩山議員はまだヒヨコだからたいしたプレッシャーにはならないはず。久留米市はプラザビルを大金をはたいて建設したが、毎年7億円金利を支払っているとか。金利を払い終えないうちにプラザビルは運営がいきづまるおそれがある。市の持つその他の建築物や施設にも作られた後さっぱり活躍していないものがある。また、久留米市は外人が観光に来る場所がない。外人は久留米を素通りしている。柳川、大宰府、三橋町の大藤などは小さな町なのに、しっかり外人を引き付けている。プラザビル、ラーメン、焼き鳥では外人は来ない。整備された景観を人為的につくればいいのにと思う。久留米市の役人はどうもやる気がないのではないかと思われても仕方ないだろう。だから市長選も盛り上がらないのだろう。30万の人口を抱えているのに無為無策の市役所に見える。市長一人が悪いのではないが、役所自体が比較的大きな田舎町の小さな幸せにひたりすぎているんではないだろうか?斬新的な市長が誕生してもらいたいものだ。

  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode