<< 久留米医学部と福大医学部入試問題について | main |

久留米市長選総括

政治 2018.02.11 Sunday msophia

わずか5000票の差でようやく当選した大久保市長はこれからどうするつもりか。昨日西日本新聞の市長就任を祝う広告の協賛者・社はいずれも久留米商工会議所の連中ばかり。紙面左の左大臣が本村会頭、真ん中に保険会社のおやじ、そして右大臣のつもりなのかアイスクリームのマルナガが紙面右。だいたい久留米商工会議所に入会している会社が半数程度しかないのだが、その連中の協力を得て市長になった大久保市長は投票率が32%しかなかった事実をどう感じているのだろうか。素人の対立候補には僅差で勝てたのは、やっぱり昔の仲間「連合に泣きついた」から5000の差が出たと新聞記者にいわれてしまっては大久保市長の前途はあまりよろしくない。
バックに立つ鳩山は自民党ではあるが、久留米市は麻生、古賀誠の大物が?虎視眈々と勢力課題を狙っているだけに新市長は国会議員や県会議員との付き合いが難しかろう。鳩山邦夫氏が生きていた当時は麻生、古賀、鳩山は顔を合わせても口もきかない嫌煙の仲だったのが最近では古賀と麻生が妙に仲良くなっている様子。鳩山は若くて力がないから国政の場では活躍できないようにされるのではなかろうか。苦労はしたこともない二郎議員は邦夫御父さんが裏書した手形訴訟はおこされるし、元秘書と共が国税関係で政事圧力をかけたと報道があった。あの辺の仕掛けが古賀誠あたりからのものかもしれない。日ごろから尻軽で悪い評判が聞こえる二郎議員は足元をすくわれやすい。大久保市長も最後には大物の顔色を窺わないといけなくなるだろう。
沖縄の名護市では投票率が70%を超えていたから選挙結果は民意を反映したといえるが32%の久留米市選挙では話にならない。久留米市の皆さんはもっと市民の責任を果たすべきである。市民の意識と行動が政治を支えているし、生活基盤だと痛感すべきである。高良台演習場にはあの100億円アッパチヘリが目達原から時折飛来してきて演習をしているが皆関心もないみたい。国防は大切だが関心がないままで生活をしているとヘリが墜落してくるという危機感もないままの一見平和な生活を送るだけです。民主主政治では最終的には市民につけが回ってくることも忘れてはいけません。政治に参加しない無関心派の増加は政治の老化を招きます。老化するのは人間だけでよい。
隣の筑後市ではわけのわからない政治をしていた中村市長が市議会から辞職勧告をされて辞職しました。辞職の大きな理由は市長が行政の中にコンサルタントを引き込んできて行政の手順を壊してしまったことです。市長が外部から行政の中にコンサルタント個人をつれてきて相談しながら行政運営をするなど聞いたことがなかったのですが、民主主義のもとではとんでもないことが起こりうるのです。市長は絶大の権力をもつだけに市長の行動、メッセージに市民は関心をもつべきです。大久保市長は明善の後輩で人柄は悪くもなさそうだが、選挙で加勢してくれた人達にご褒美をやるような政治をするのかどうか監視の目をゆるめてはいけません。勿論権力闘争の場にしてもいけません。久留米市は今まで豊かな街だっただけに政治家が大物でも、小物でもきちんと回ってきたのが欠点でしょうね
  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode