<< やったね!長大医学部合格 | main | Slow movementの奨め >>

顎を引いて、背筋をのばして、歩こう。

社会一般 2015.07.25 Saturday msophia

しばらくぶりのブログです。最近ブログを書く時間が見つけられなくて書くこともできずにいました。経済ではギリシャのどたばたした騒ぎもようやく収まったかとおもえば、次は中国の株バブルの崩壊危機。管制相場で今は収まっていますが、また火がつく可能性があります。日本では憲法9条問題が大きいですね。マスコミの毎日の記事掲載によって、やっと一部の国民が護憲運動を展開しそうです。安倍首相も少し慌て始めたようです。世界でglobalozation
が進む中、人種問題、国家間の貧富の差、宗教と政治、アラブ社会と西洋社会の争い等、ネタは尽きることがありません。いつになったら静かな時代がくるのでしょうか。この様子ではいつまでも人間同士の争いが絶えないと思えるほどの希望と展望が持てない時代です。
あのイスラエルの記事がさっぱり掲載されなくなりましたが、イスラエルが占拠している地域では何も起こっていないのでしょうか?いや、そういうことはありません。今現在もイスラエルから迫害され、祖国を失った人たちは戦っているのです。ただ、現在ではマスコミがその地域の記事を売れ筋と見ないから、新聞に掲載しないだけです。イスラム国も以前ような大きな扱いがなくなりました。すると、私たちは「情勢が収まった」と思い違いをします。ギリシャは借金返済ができないが、なんとかして生き延びるでしょうけれど、その仔細はマスコミでは伝わりません。マスコミによると、ラテン系の国とドイツを中心とした北ヨーロッパ系の力比べみたいなものだろうと言い方をしていますが、真相は不明です。
私が先日温泉でくつろいでいたときの話しですが、お隣に2人の女性客が朝食を頂いていたんです。ニュースでギリシャ問題が放映されていましたら、お二人とも「ギリシャはわからへんね」と一言ですまされました。実は私もわかりません。随分と記事やニュースをみましたが、本質的な問題をつく記事は一つもありませんでした。人口2千万しかいない、観光産業が主力で、公務員が国民の1割を占め、年金受給の年齢が65歳でなくて、50歳代でもらえる,,,,,,,,
すべてが関連していない記事が断片的に入るだけですから、真実はわかりません。
私の娘と妻が5年前にギリシシャへ旅行したのですが、その当時すでにギリシャ財政破綻の危惧はいわれていたのです。しかし2人はあまりそういうことには関心がなかった?のかな。エーゲ海の美しさが最もimpressive だったようです。ただ、公務員が国民の1割ではなくて、一般のガソリンスタンドの従業員までもが公務員だと言っていたそうです。おそらく長く続いた軍事政権下で国民をたぶらかす、飴ばかりしゃぶらせる政治がおこなわれていたのでしょう。ソビエト崩壊の原因と類似しています。大昔ではギリシャは民主主義国家の先駆けでしたが、近代にいたっては全くまともな法治国家となりえていなかったのです。したがって、賄賂、脱税、情実による公務員への就職、早期年金支払い、掛け金が不足しても出鱈目な財政支出を続け、あげくはオリンピックの開催。これがとどめだったんです。
今ではオリンピックは膨大な利益を産むスポーツ産業と大化けしました。施設の建設、競技の運営、借金の仕方などをギリシャに教えて甘いしゅるを吸ったのはヨーロッパ先進諸国です。ドイツは一番儲けたでしょう、なぜなら一番のお金持ちですし、財務状況も一番良い国ですから。金融体制がしっかりしています。ドイツに乗かって北欧の国が融資したのです。ギリシャ債務の棒引きをしたら一番困る国はこういった国です。
ヨーロッパのラテン系とそれ以外の国の争いは歴史的に激しいものがあります。中国、日本、朝鮮のレベルではないです。そいった国がユーロ紙幣という紙切れで仲良くしていこうねといっても、無理ですよ。フランスとドイツは常に国境を挟んで対峙しているのですよ。確かに、同じ資本主義国家ではありますが、異質な国です。フランスは現在「最低給料給与保障制度」がありますし、働き手は手厚く保護されています。それだけに企業が社員の社会保障をかなり分担します。これは法律で細かく規定されています。労働者が非常に強い立場にいます。かの伝説の大統領ドゴールが社会主義者でした。今もフランスは基本的なスタンスは社会主義です。国営産業がたくさんありますよ。反官半民の会社もおおいです。富が少数の人達にいかないようにしています。ドイツは全く違います。自由主義経済を標榜し、戦後成長してきました。堅実な国民性をもっているだけにすべてが手堅いです。パリのセーヌ河畔を歩いて見て下さい、昼間から多くの若い人たちがごろごろ寝そべっていますよ。キスしては抱き合ったりしてのどかで平和です。だが治安は悪いから「フランス人をみたら泥棒と思え」と言われるくらいの治安の悪さです。また両国間でいさかいが起きれば、またドイツが勝つでしょう。
目標を掲げてそれに邁進しするのがお得意のドイツ人。かたや、芸術、ワイン、踊り、劇、オペラといった自由な創造性のパーフォーマンスが得意なフランス人。水と油のように混ぜ合わせることは容易ではありません。併せて仲良くやるのが一番いいでしょうけれど。今後ギリシャはどうなるのでしょうか?借金は返せないでしょうから、棒引きを狙ってくるでしょう。チプラス首相は共産主義者だそうですが社会主義者というべきでしょう。若いのに優秀ですね。今の日本にもああいったファイトをもった政治家が必要です。
日本はお金持ちだし、産業も熟成しているし、貯蓄もあります、アメリカの国債はどっちゃり持っています。オリンピックも開催できる国です。国家の借金が膨大だから財政破綻の危機が來るといわれていますが、ギリシャとは違いますよ。国民のお金を無駄遣いしている公務員はとっちめなくてはいけないですが、我が国は他国に土下座する必要はありません。借金はありますが、まだ自尊心と国家としての矜持を保つことができています。
例で言いますと、日本はお家を建てたいけれど、今は現金を使いたくないお金持ちが、自分の銀行貯金を元手に銀行から金利を払いながら融資を受けているのと同じです。日本はたくさんある国民の貯金を担保にジャブジャブとお金を使い、道路、橋、河川、森林、公園、テーマパーク、港、退職後の再就職口など作ったんです。財務担当の公務員は預貯金といっても自分のお金ではありませんから「ずぼらで無責任な運用になってすみませんでした」、これで終わってしまったのがあの金融バブル崩壊です。
現在の若い日本人はまだ地獄を知りません。戦後のあの悲惨な生活を知りません。まだお金もち気分が続いています。高校生がブランド製品を身につけていますからね。スマホを半数が携帯しています。給与が上がらないから苦しいという人もおおいでしょうけれど、日本は自由経済の国です。やる気があればのし上がれます。受け身にならずに、攻めの気持ちを持つのが今の日本人に必要なものですよ。いい大人の男が電車の中でスマホに夢中検索の光景は悲しいです。よほど楽しいのか、暇なのか、それともとても有益なものなのか?スマホも積極的な利用はいいでしょう。しかし、時にはスマホの検索をやめて顎を上げて、背筋を伸ばして、力強く歩きましょう。そうすればおのずと名案が浮かんできますよ。

JUGEMテーマ:日記・一般


  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode