<< 福大、久留米医学部解答速報 | main | 飽和状態の日本 >>

医学部への志願熱もピークアウトか

受験 2015.02.07 Saturday msophia

「草木もなびく医学部へ」の志望者数にわずかながらも、変化の兆しがみえている。先日国立前期志願者数をの発表では、長崎医学部を除いて倍率が下がっていた。これは、今年のセンター試験が現役生には難しかったために出願できなくなった向きが多かったことを示唆している。点数不足で足切りされることほど若者にとっては「不名誉」なこともないし、来年を期して頑張ろうと思った現役生もいるだろう。
どうして西日本地域ではこれほど、医学部への傾倒が強いのか?理由は、関東に比して恵まれた職業環境が少ない、いい就職口が少ないことだろう。東京ばかりが繁栄する国のシステムを作り上げた今の体制が悪い。本店は皆東京へ引っ越したら、地方には工場しかなくなるのは当たり前のことだった。「田舎を再生しようという」叫びほどむなしく聞こえるものはない。九州では福岡市が独り勝ちの繁栄を謳歌している。今後故郷久留米はさびれていくだけだろう。先日発表された地価基準価格では、私の家の周辺は20年前に比して、2万円以上の低下。一方福岡市の住宅2倍以上に跳ね上がっている。
久留米も久留米医大があるから医者がたくさんいるが、その他の職業域は公務員、教員、銀行、薬剤師、その他医療関係者、自営業者、大会社のブリヂストン、ムーンスター等の地場産業を連想する程度で、職業がやはり少ない。医療関連への就職がかなりの割合をしめているだろう。昔はたくさん人がきていた文化街には私は最近いったことがない。空きビルが相当多いそうだ。また、町中のテナントビルは空き室が多い。一番街は市から補助金が出ているから若い人たちが開業はするが、やはり永続しない。やっぱり、久留米は農業しかないかな!というのが本音だろう。
こいう現状では久留米では勉強ができれば医学部を狙う人もおおくなるはず。市役所、教員も給料があがらなくなったそうで、困ったものだ。そこでデフレ解消のためにアベノミクスとなったのだろうが。いまや、アベノリスクと揶揄される始末。何をやってもどうもうまくいかないように見える国が日本だ。
しかし、がり勉して医学部を出てもその後の暮らしがバラのような人生というのは錯覚である。実は医者という職業は若い医者が病気になるほどきつい職業である。一日18時間労働が多い。特に外科医の仕事は朝から手術が始まり、夜中まで続くとか。新参の医者はベテラン医師が手術しているのを立ったままでずっと見学させていただかなくては、うまくならない。ただ見ているだけで、手を出したら叱られるとか。朝九時から深夜まで延々と立ちぱなし。そういう無駄を通して鍛える体育会系の側面ももつのが外科。軟な人は外科はやめたがいいそうだ。となると、もっと楽なほうへと皆行こうとするわけで、そういうのを確信泣き医師とか、日和見主義者、ぷーちゃんともいうのか。一流の世界とは縁がなくなる二流ドクターに成り果てる。あるいは、ジプシードクターとなる。
医師は現実になってわかる現実と夢のギャップの大きさが特徴だろう。これは、法学部をでて正義の味方になるつもりだった若い判事、検事、弁護士がすぐに痛感させられるものと同じギャップだろう。人生はそういうギャップがあるからこそ面白いが、いまの若者はものさしで図った通りの人生を送りたがっている人が多いようだ。ものさし人生はひとたびあなたの物差しが通用しなくなったら、どうするんだろう?安定を望むのは現代人間の本能かもしれないが、安定した人生だったかどうかは死ぬまでわからない。人生は飛行機と同じで、いつ墜落するかわからない。小山内ころからリスクなき生活を経験すると自分だっておばあちゃんみたいな、老後の安定した生活を送れるものだと錯覚してしまう。
医学部へ行っても20年30年後には医者が食えるかどうかわからないという、リスクを認識をしておくべきである。昔は東大病だったが、今は医学病が受験界では流行っている。今年は少しそこに変化の兆しが見えているのは良しとすべきか。若い人はもっと大きな欲をもってでかい目的を追求してほしい。人生は一度しかないのだから、理数ができるなら理系学科へ進み、勉強してほしい。就職は何年もさきなのに、会社は給料が高いのだろうとか低いのだろうかとか最初から気にしすぎると、職業は選択できなくなる。結果はおのずからついてくるものだ。でかい企業も社長が無能だと潰れるのこともあるし、小さい会社でも世界のシェアーが一番の場合もある。ブリヂストンみたいに今もって創業者の精神を受け継ぎ世界トップのタイヤ会社になったところもある。数年前まではトップ企業だった、シャープ、ソニーはすっかり落ちぶれてしまった。会社も人生も一寸先は闇だから、案ずるよりは産むが易しということだ。
JUGEMテーマ:日記・一般


  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode