<< 面白かったWBC | main | アベノミクスの行く先? >>

大学受験にTOEFLを導入

受験 2013.03.21 Thursday msophia

この決定は遅きに失したものです。TOEFL導入が始まればようやく、受験英語と言う特殊英語が消滅することになるでしょう。喋れない日本人があまりにも多すぎるこの現状を打破するためにはこういう大変換をせざるをえません。今や、私立大学の慶應、早稲田、上智、青山、明治などのハイレベル私立大学では、GLOBLIZATIONの時代に協調して、英語問題は、受験英語離れが現実のものとなっています。そういう点では、国立大学に先んじているといえるでしょう。

私立医科大学でも、地元の久留米医学部の2013年度の英語の語彙問題を問う設問の1つは,Internet上に掲載されたどこかの(由来は不明)語彙力問題からパクっていました。よくいえば、そういうところからでもパクッテくるほど熱心に新しい問題をつくろうとする、努力がなされています。一方、九大の後期英語の問題長文は「あまりにも易しくて」私は、読むのを途中でやめたほどでした。久留米医学部の並び替え英作問題、解釈、英作文問題を九大医学部受験者がどれほど、とけるでしょうか?おそらく、あまり解けないと思います。九大は権威に「胡坐をかき」、久留米は「努力している」。この差は、じきに現れてくるでしょう。

いや国立大学は権威に「胡坐をかいている」のではなく、文科省の方針にただしたがって運営されている教育機関にすぎず、独自の発想がないのでしょうか。国立大学は、文科省にお尻を叩かれないかぎり、やる気がでないのでしょうか。もっと、時代を先取りして、独自の発想をするべきでしょう。TOEFLレベルの英語はとっくに受験に取り入れておくべきだったのです。随分長く、国立大学の凋落傾向が続いていますが、「税金泥棒」とは言われたくないでしょう。東大、京大、一ツ橋、名古屋、大阪だけで国立は十分といわれないようになってもらいたいです。

ちなみに、昔、2・26事件が起きた当時、税金泥棒呼ばわりされていたのは「軍人」でした。第一次大戦後の平和な時代に軍人は不要だったのです。大学は、平時だろうと戦時だろうと絶対必要なものです。もっと、九大は遠慮せずに、受験生をしごきあげるような問題を作成すればいいだろうと思います。そうすれば、じきに受験生の質が上がり、ひいては九大の価値も上昇し、さらに外国からの留学生も増えるのではないでしょうか。

  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode