<< 大阪産業大学のやらせ受験 | main | 大学受験にTOEFLを導入 >>

面白かったWBC

野球 2013.03.20 Wednesday msophia

WBCはとてexcitingで楽しかった。今回の試合は「たかが野球、されど野球」という、野村元監督の言葉をおもいださせてくれた。特に、第1戦の台湾戦が目を離せずに興奮させるものだった。昨日までに日本とアメリカがともに敗れて、WBCのチケット販売は伸びないそうだが、決勝戦は見れるならば是非見たいものだ。

私は昔は野球小僧だったから、今も野球がすきだし、ソフトバンクの試合に年数回足を運ぶ。また、あの山本監督が法政大学の4年で田淵とともに活躍していたのもよく知っている。法政の山本といえば当時から「プロ級の選手」であった。田淵が打たなくても、山本がドカンと打つから、わが母校慶応は当時はほとんど法政に勝てなかったのではないだろうか。山本、田淵、富田、そして名前は忘れたが好投手がいて無敵の法政黄金時代を築いた立役者の一人であった。敵方の法政の選手だった山本選手が神宮で打ったホームラン数は確か10本にみたなっかたはずだが、広島に入団後のスラッガーぶりは周知のとおりである。あの一流選手だった彼もしばらくの間、実戦から遠ざかったていたせいもあっただのろう、初戦はカンもさえなかったのかようだが、徐々に采配ぶりもよくなりつつあっただけに決勝戦進出目前で負けて実に悔しかっただろうと思う。

内川選手が負けて悔し涙を流している光景を見て、選手のテンションも高いし、勝利したかったのだとテレビを通して感じられた。プロの一流選手がああやって涙を流すあの光景が、誠に貴重なものなのだ。野球好きな人だけに限らず、見ていた人たちは感動をしただろう。

マスコミは山本監督、選手に批判的な記事をかいていたが、あの涙への素直な評価ができないとは、新聞記者たちの見る目のなさ、人間性の喪失度がよくわかり、今後私はますます新聞を読まなくなる人が増えると思う。感動というものを忘れた人間は「人間味がない」のであると、相当の読者が新聞記事にnegativeな見解を持ったのではなかろうか。日本の新聞記者の昨今の劣悪ぶりは、小沢政治資金問題の報道ぶり、前回国政選挙での民主党への肩入れ振り、経済記事や政治情勢分析のつたなさ、、、枚挙すれば暇がないほどある。新聞の時代は終焉しつつあると、記者自身も十分自覚はあるだろう。

ベクトルが下向きの新聞の話題へ話がにそれたが、選手の労を私は心からねぎらいたい。ご苦労さまでした。スポーツ選手は気持ちを早く切り替えて、また、今年も好ゲームを見せてほしい。今年のソフトバンクはナイスピッチャーが入団したせいで投手陣が安定するようだし、楽しみである。また、中畑監督率いるDeNAやはりセリーグのどん尻になるんじゃなかろうか。というのもどれほど打っても投手力が弱いと試合は負ける確率が高いからである。パリーグではオリックスが今年は強いように思われる。

下のURLはプエリトリコのロドリゲス監督が日本との試合を振り返り、インタビューで述べた言葉である。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/japan/2013/columndtl/201303180007-spnavi
  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode