<< アメリカと日本の子育ての違いのもたらす違いは大きい | main | 面白かったWBC >>

大阪産業大学のやらせ受験

教育と政治 2013.03.17 Sunday msophia

今回の件は入学生定員オーバーを防ぐ目的で行われたのが、特殊な側面をもつ。国の税金からお金をもらっていかねば運営が苦しくなるような学校法人はつぶれればよういが、実際はそういうことはすぐにはできないのは、分りきった事実である。原発をすぐに運用停止するのとは違うだろう。だが、慶應創設者福沢諭吉は当時一銭も国からお金をもらうことなく、学校運営をなしとげたのだから今の慶應があるのだ。現在の私学経営者はそういった気概もない、経営能力のない、そして、学校を私物化することに汲々とした人達が理事となり、学校経営をしている。そこに、根深い問題がある。あの田中真紀子元大臣が私学の認可を認めようとしなかったのも、こういった現実に我慢がならなかったのだろう。


税金の無駄使いがどれほど行われているのか、私にもわからないが、こういう事件が起きる背後をよく検証して、糧とすべきではないだろうか。文科省の役人は馬鹿ではないから(国家公務員試験では低位の成績だそうだが)、改善、改革のの鉈を振るうべきであろう。文科省の大臣がてきぱきとした指示をだせば、すぐにでも変わりそうなものだが、何もしないのが不思議である。よほどに、私学法人の経営者は政治家に「アメ」をやって飼いならしているのかと、勘ぐられても仕方ない。


とにかく、この手の事実が今頃ばれたと騒ぐのがピンとハズレである。うさんくさい理事たちが巣食う私立大学の付属高校では「母体の大学事務局」から半ば強制的に受験をさせられているのは常態化している。また、一方、付属高校に通う学生のなかで「レベルが高い生徒ならば、上の大学に行くつもりは全くない、腰掛学生である」。この生徒たちは、公立中学、高校の荒れる現実から一時的に逃避した人たちである。早稲田ですら慶應に51名合格、すなわちそれだけ腰かけがいたということ。今後選ばれる大学と、捨てられる大学の差はますます大きくなるだろう。


東京ならば、中央、法政、明治、青山へ通う生徒が、大学生になる段階で早慶を目指すのは一般的な現象である。6年間育てた生徒が、しかも「特に優秀な生徒」がけんもほろろに母校をすてるのである。捨てられる大学は「茫然自失」対策はない。早慶でも、東大への進学者には捨てられるから、この受験ヒエラルキーが崩壊しない以上、この種の現象に防ぐ有効な手立てはなかろうと思う。


今回の大阪産業大学はどの程度の偏差値評価を予備校にされているのかは、私はしらないが、50をやや上回るていどではないだろうか。九州では「九州産業大、京都には「京都産業大学」と類似のものが存在している。どこも、付属高校を擁する大型大学である。その内部の実情は、私にはわからないが、少子化で入学者の確保には苦労が多い偏差値レベルの大学かと思う。


大学は偏差値を維持しないと受験者が減少するのは、受験界の常である。河合、駿台の偏差値評定事務員に「おいしいお酒でももっていって、お食事でおもてなしでもするほうが」効果があるのではないかともう。まあこれは、冗談だが。予備校がまともな偏差値判定しないと、次には、予備校が批判されるから、偏差値改ざんはありえないということだ。


平成18年度から、大学でももっと少子化のBIG WAVEが押しせまってくるが、学校経営者はてれてれ遊んでいる暇はないだろう。相当の数の私立大学、私立学校が消失していくであろう。さて、そうやって消える大学は、すべて国の管理施設にされていくから、学校ががつぶれても、国は全く財布は痛まず、むしろ、財産がふえることになるし、公務員たちが施設管理者として仕事ができるから、いいのだろうか。これは、少々うがった見方であろうか?


学校法人は営業利益に課税はないかわりに、つぶれててしまえばお国のものになるという、シビアーな論理が背後にあることを忘れてはいけない。現在の短期大学、新設大学の教授、講師は学問研究する暇はなく、生徒獲得の営業で忙しいというのだそうだ。それじゃ、文科省は雨後の竹の子の如く新設大学を認可するのか?という大きな疑問がある。
官僚が何を考えているのか、いや、何も考えていないで、土建業が繁栄するように、業者と癒着している結果かもしれない。。。。世の中わからないことが多すぎる。国は財政が悪いのだから、どうでもいい大学への国の補助金は
カットするべきだろう。



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<




大阪産業大学(大阪府大東市)の2009年度入試を巡り、付属高への不透明な受験依頼と、生徒への謝礼が発覚した。大学と付属高校は入学する意思の乏しい生徒をあえて受験させ、多くは合格していた。こうした操作で門戸が狭まり、不合格になった一般受験生がいる可能性もある。「事実なら受験生への裏切りだ」と内部からも批判が出ている。【原田啓之、藤田剛】

 09年1月ごろ、付属高の教諭は成績優秀な生徒数人を教室に集め、こう切り出したという。「偏差値を上げるために受けてくれ。なるべく多く受けてほしい」。大産大経営学部への受験依頼だった。

 その時期、生徒の多くは推薦入試などで進学先が決まっており、経営学部を受ける必要はなかった。「どうせ暇やろ。勉強がてらに受けてほしい」。教諭は、合格すれば試験1回につき5000円を謝礼として渡すことも約束し、生徒らは承諾。3回ある一般前期の入試を全て受験した生徒もいたという。入試が終わった後の4月ごろ、教諭は既に卒業していた生徒らを学校に呼び出し、謝礼を現金で渡した。

 教諭に指示した当時の教頭は取材に「大学の担当部局である入試センターから、必要な延べ受験者数を伝えられた。前期試験が終わった時点で『だいぶ片付きました』と礼を言われた」と証言する。

 大学が高校側に依頼したとされる08年末、経営学部の入学者数は想定以上に増え、補助金カットの不安が出始めた。当時の大学幹部は「入試センターから『厳しい』という話を聞いた。(補助金カットまで)ぎりぎりで、大変だというのは分かっていた」と話す。

 「やらせ受験」とも言える行為に対し、大産大のある教授は「意図的な操作で合格ラインが上げられ、不合格になった受験生がいるだろう。大学は謝罪すべきだ」と憤る。付属高の元幹部も「必要ないのに、生徒に繰り返し受験させるなんてあり得ない。大学・高校は徹底的に調査して、うみを出すべきだ」と話す。

 ◇立命大は08年無試験で転籍

 大産大は09年度入試で、なぜ入学者数の調整に苦慮したのか。少子化に伴う学校間競争の激化を背景に、新入生の早期の囲い込み合戦と入試の複雑化が見えてくる。

 大産大の入試パンフレットによると、09年度の入試は、一般▽スポーツ推薦▽文化系クラブ推薦▽AO▽ディベート−−など20種以上に及んだ。経営学部では、一般入試が始まる2月までに入学者が定員を大幅に超え、補助金カットの恐れが出ていた。関係者は「想定よりも集まりすぎた」と話す
  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode