京都大学吉田寮とは

社会と文化 2015.07.30 Thursday msophia

京都大学総長名によって出されたリリースによると、築約100年の吉田寮は2005年・2012年の2度の耐震診断調査によって耐震性を著しく欠くことが判明しており、「今のままでは、大地震が発生した場合、建物が倒壊または大破し、寮生の生命が危険に晒されることが憂慮されます」とのことで、2015年4月に竣工した新棟に順次転居させる方針であることを示し、移転を進めるためにも2015年7月28日付で吉田寮自治会に対し、次の2点を求める「吉田寮の入寮者募集について」という通知が出されました。

1.吉田寮の新規入寮者の募集については、平成27年度の秋季募集から行わないこと。

2.吉田寮の寮生の退寮に伴う、欠員補充を目的とした募集を行わないこと。

今回の通知は事実上の新規入寮者を禁じることによって、寮生をゼロ名にしてしまおうというものになっており、移行措置として「新棟については、吉田寮生の一時的な居住場所として使用する期間の経過措置として、寮費を現行の月額400円のままとするなど、大学としても速やかな転居を後押ししていきます」と発表しています。

一方で「吉田寮公式サイト」には「2015年度秋期の入寮募集も通常通り行います。吉田寮の建て替えは決定しておりません。また、建て替えに際して入寮募集が停止される予定もありません。よって2015年度も通常どおり入寮選考を行います」と書かれており、秋の募集詳細についても選考日程などを発表している状態のままとなっています。

なお、建築学会近畿支部は「保全と適切な活用を強く希望する」ということで、戦前期の建築であるにも関わらず今も使われている学生寮としての希少性やデザインの独自性などから、保存活用を求める要望書を京都大学総長宛に提出しています。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<,

京都大学吉田寮とは現在京大生以外の人達も入居できる、謂わば自治会独立コミューンといえる。現役京大生によるとここには中国人もいるとか。寮費は月400円。これだけ裕福になった日本学生には縁がない代物。今や裕福になったな京大生は「危険だから」この施設には寄り付かない異別の空間である。世界遺産文化に登録して保存することを文科省におすすめしたい。さすれば、何も知らない国民が呆れ、驚き、怒り、文科省も動きやすくなるだろう。最近は文科省も世論が怖いようだし。
京大任せではおそらくことは円滑に進まないと思う。ここ数十年なにもせずにきた京大独立行政法人なのだから。吉田寮は学生闘争時代の象徴的な施設であるが、京大自体がこの施設には自治能力を有していないのではないだろうか。偽学生も住むしたい放題の施設となり下がったのだから早期解体を実現してもらいたい。京大生が今やそっぽを向くこの施設は費やす国費が無駄である。しかし、時間稼ぎの訴訟や、反対活動、脅迫、暴力といった過激な行動が予想される。誰も関わりたくないのが本音だろう。
ここで現状を憂い川柳らしきものを書きます。「公務員何もしないで四十年」闘争もはるか昔になりにけり」「独立は何ももせずとも罰はなし」「京大もお金がないと入れない」「金なくて栄耀栄華の吉田寮」
京都という町自体がお上を御所に抱えつつも関東への反骨の気風が強く、特に明治時代以降はお上と権力中枢を東京に奪われたために、東京への恨みが強い。商売をするものが多いから自由の精神に富む町でもある。そして古い歴史をもつだけに皆が知識人である。知識人は元来反権力の動きをするものが多い。案外京都という町がこの寮の存続を支えてきたのではないだろうか。京都は実に興味をそそる町である。

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

Slow movementの奨め

社会と文化 2015.07.29 Wednesday msophia

 長かった梅雨がようやく明けて暑い夏が始まった。とはいっても、夏休みはとっくに始まっていて、3年生は勉強ばかりしているだろう。公立は朝早くから課外授業を行い、私立も負けじと課外授業をしている。今では学校主導の受験体制がしかれているから、生徒はその体制についていける力があれば結果がついてくる。学校によって生徒、先生、授業レベルの差があることを除いたら、与えられた時間は同じだし、元来の差がそれほど埋まることもないし、また離れることもない。先生と生徒の両者のがんばりが、大学への合格を左右する。
 今の受験指導は先行逃げ切り型であるから、力がある生徒を抱える学校はハードな指導をする。私が高校生の頃は確かに課外授業も行われていたが、あくまで自分が受験勉強の意思決定をしていたから、それほど受身の勉強をしたとは思わない。要するに「勉強をさせられたという」意識が希薄である。勉強をしない人達は全くと言ってもいいくらいしていなかったのではないか。勿論学年全体の進学率は悪かった。しかし、いい意味でも悪い意味でも高校生活への納得度は高かった。当時は大学が少なかったせいで、勉強しないと「福大か西南」と決まっていた。国立など高値の華だった。よって私の同窓生は勉強はほとんどしなくて西南へ入学した人がかなりいた。西南は文系の大学だから国立にいけない人がドット集まっていた感がある。福大の文系は流石にいなかった。悪くて薬学部だった。久留米大学の文系も全くいない。久留米の医学部へ行った人はかなり多い。今では、久留米高校が西南大学合格者の多数を占める高校となっている。明善は立命館が多くなり西南が減った。
 今の話に戻るがあれほど頑張って勉強をするから一流大学へ合格する人も多い。久留米附設は全国有数の進学校になった。明善にしても昔と比べてもそれほど遜色がない結果をだしている。久留米にしてもかなりよい結果がでている。本来久留米の人達は理系に子供を進学させようとする風土があるから、附設、明善ともに医学部、工学部への進学者が多い。昔からそうなのだから筋金入りの理系重視の町である。昔の明善も文系のクラスが理系クラスよりもレベルが低かったようだし、クラスの勉強への姿勢もよくなかった。私は実は文理混合のクラスだったからあまりクラス環境が宜しからずということだった。
 昔と違い、今の高校は1年生の時に進路を決定させてしまい、目標へ向けて頑張らせようという傾向がある。これが生徒への大きなストレスでもある。勉強大好きな生徒が3割程度集まる久留米附設ならまだしも、久留米高校や信愛女学院、八女学院でも同じく早めの進路決定を強要する。明善の理数科に推薦で入学する生徒の中には理系の適性がそれほどない人もいるのだし、進路決定が早すぎるのではないかと私は思う。The faster, the better.とは必ずしも言えない。
むしろThe slower,the better.という場合も人生にはある。昔は「のんびり行こうよいつまでも」といったユックリズムを推奨するようなコマーシャルソングもあったが、昨今はあのglobalizationのせいで兎に角せわしい。先ばかり考えて、反省する余地も、余裕もない生き方を強いられているような気がする。
 今現在、上場会社の第2期目の決算発表が月末にピークとなるが、好決算ならば「もうピークだから利益がでないから」株が売られる。また、決算が悪ければ「滅茶苦茶に売られる」。中国がまずくなってきたといえば、少しでも中国と関わりががある会社は「一方的に株を売られる」「この会社の成長を願いつつ株式をかいました」、などという人はおめでたい人だと言われるだろう。あの世界ではThe faster, the betterしかない。
 国立競技場もバタバト再設計ということに決まり、担当局長と次官が更迭された。憲法9条の意見問題をまともに論じる人はいず、論点はかみ合わないまま政治的な判断で自衛隊は運用されることになるようだ。
 どうしてこれほど急いで何事も決める必要があるのだろうか?ヨーロッパではslow movementという運動が一部の人から提唱されている。日本人は個人としはゆったりとした生活形態を選ぶのに、集団的な行動となるとせこせこして物事を拙速的に決める傾向が強い。今こそslow movementな生活態度を国民全体で培養するべきではないか。90歳以上まで生きる可能性が高いのだからもっとゆっくり考えて物事を決めてもいいだろう。アメリカのあの生き馬の目を抜くような生き方、競争主義、スピード至上主義にユックリが大好きな日本人が適応する必要があるのだろう?この根は深いから次回のブログに譲る。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

Mysterious Country

社会と文化 2012.11.12 Monday msophia

以下のレポートは板垣英憲氏の中国に関するレポートです。



中国共産党1党独裁の北京政府は2013年3月15日の全国人民代表大会で、習近平国家主席、李克強首相による新政権をスタートさせる。その基礎となる共産党新指導部(チャイナ・セブン=これまでの体制はチャイナ・ナイン)を決める中国共産党大会が11月8日から始まった。胡錦濤国家主席を中心とする北京派閥と江沢民前国家主席が強い影響力を持つ上海派閥が、熾烈な権力闘争を繰り広げてきたなかで、貧富の格差が広がり、共産党幹部の汚職が蔓延していて、人民の不満が高まる状況下での大会である。

 時事通信社jijicomが11月8日午後1時59分、「胡氏理論『長期堅持の指導思想』=『海洋強国建設』日本をけん制−中国共産党大会」という見出しをつけて、以下のように配信した。  
「【北京時事】中国共産党の第18回大会が8日午前、北京の人民大会堂で開幕し、胡錦濤党総書記(国家主席)が中央委員会報告(政治報告)を読み上げた。この中で胡氏は、持続可能な協調発展を目指す自身の指導理念『科学的発展観』について『毛沢東思想、小平理論などと共に長期的に堅持すべき指導思想』と強調した。党大会では党規約改正が焦点だが、これで科学的発展観は歴代最高指導者の指導理念と並ぶ『行動指南(指針)』に格上げされるのは確実。胡氏の理論は歴史に名を残すことになった。『国家海洋権益を断固守り、海洋強国を建設する』と宣言。

また『国家主権を断固守り、決していかなる外来圧力にも屈しない』と述べ、沖縄県・尖閣諸島を国有化した日本政府を暗にけん制した。5年に1回開かれる党大会では今回、10年ぶりに最高指導者が交代し、党大会閉幕翌日の15日に開かれる第18期中央委員会第1回総会(1中総会)で、総書記が胡錦濤国家主席から習近平国家副主席に引き継がれる。政治報告は習近平指導部が今後5年間に進むべき目標・任務を提示した」
 中国では、全土での暴動が年間30万件に及び、不満のはけ口を「日本に向ける」戦術で、糊塗してきた。だが、この姑息なやり方はもはや通用しなくなってきている。

 産経新聞社msn産経ニュースが10月26日午後2時33分、温家宝首相の蓄財について、「温家宝首相の一族、資産2千億円 副首相就任以降、巨額の財築く 米紙報道」という見出しをつけて、こう配信している。
「【サンフランシスコ=黒沢潤】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は25日、中国の温家宝首相の一族の資産が少なくとも約27億ドル(約2200億円)に上ると報じた。一族は温氏が1998年に副首相に就任して以降、巨額の財を築いていったといい、友人やビジネス・パートナー名義で投資するケースが目立つと指摘している。同紙は温首相の母や妻、息子、弟、義弟などの資産を企業や当局の報告書をもとに集計。27億ドルのうち80%は、中国共産党の規則では公開対象外という。

温首相が新型肺炎(SARS)の流行に伴い2003年、医療廃棄物処理の規制を強化した後、弟の企業が水質保持や医療廃棄物処理に関わる事業(約3千万ドル)を政府から受注。弟は、この企業を含め2億ドルの資産を保有している。また、母親は世界的に著名な保険・金融企業『平安保険』の株式を07時点で1億2千万ドル分保有していたが、株式の名義人は、温首相の郷里の企業だった。

記事は、妻が宝石の品質管理担当の政府職員から中国の宝石市場で「女王」と称されるまでの軌跡や、一人息子が中国有数の投資ファンドを運営していることなども報じている。温首相が一族の資産形成に直接関与したかどうかは不明だが、記事は「戦略分野の投資案件で強い影響力を持っていた」と指摘。一族の巨額蓄財が明らかになり、11月8日からの党大会以降、引退する温首相の影響力低下は避けられないとの見方も伝えている。中国政府は今回の報道を受けて、国内での同紙(電子版)の閲覧を阻止した。

中国の指導者一族の資産形成をめぐっては、米ブルームバーグが6月、習近平国家副主席の親族が数億ドルの資産を保有しているとえている。中国政府は今回の報道を受けて、国内での同紙(電子版)の閲覧を阻止した。中国の指導者一族の資産形成をめぐっては、米ブルームバーグが6月、習近平国家副主席の親族が数億ドルの資産を保有していると報じた際も、中国からの記事閲覧が阻止された」際も、中国からの記事閲覧が阻止された」
 習近平国家副主席の家族は、姉夫婦が北京の中民信房地産開発の理事長とCEOだ。だが国籍はカナダである。弟はオーストラリア在住。娘はアメリカ留学中という。

 過去10年で中国富裕層の海外逃亡は、2万人以上に上っており、中国共産党が公表している高級幹部の海外逃亡者は、4000人を上回っていて、持ち出された外貨は1000億ドルにも達している。中国では、国外へ資産を移し、家族を移住させようとする高級官僚のことを「裸体官僚」と言っているそうだ。人民には「愛国無罪」と言って反日デモや暴動を扇動していながら、高級幹部、高級官僚には、「愛国心」のカケラも持たない官僚のことを「裸体官僚」と言っているそうだ。

◆「20年後、中国は世界で、最も貧しい国になる」と米国ヒラリー・クリントン国務長官が7月にハーバード大学で行った演説が、本当になりそうである。

 この演説は、新唐人日本が7月5日付ニュースでネット配信したことから、拡散された。クリントン国務長官は、「20年後、中国は世界で、最も貧しい国になる」という根拠について、以下のように示していた。

「1.移民申請の状況から見て、中国9割の官僚家族と8割の富豪がすでに移民申請を出した。またはその意向がある。一国家の指導層と既得権益階級がなぜ自国に自信をなくすのか理解しがたい。

2.中国人は社会の個体として、国家と社会に対して負うべき、責任と義務がわかっていない。国際社会に対して負うべき責任はなおさら分かっていない。受けた教育或いはメディアの宣伝はほとんどが憎しみと他人または他国を歪曲した内容で、人々の理性と公正な判断力を失わせる。

3.中国は世界で数少ない信仰のない恐ろしい国で、全国民が崇拝するのは権力と金銭のみだ。利己的で愛心のない、同情心を失った国家が国際社会の尊重と信頼を得られると思うか?

4.中国政府の所謂政治は人民を騙し人間性に背く以外の何物でもない。人民大衆は過去の権力の奴隷から今は金銭の奴隷に変わった。このような政権がいかに人民の尊重と信頼を得られるか。

5.大多数の中国人は「面目が立ち」、「尊厳のある生活」とは何か全くわかっていない。民衆にとっては権力と金銭の獲得が生活の全てで、成功なのだ。全民腐敗、堕落といった現象は人類の歴史上でも空前絶後だ。

6.憚ることのない環境破壊と資源の略奪、贅沢と浪費の生活方式は何個の地球だと供給できるのだろか? 他国が危惧するのも当たり前だ。中国政府はいつも民衆の注意力を他国にそらし、敵を造り、自分の圧力を外部に転嫁させようとするが、時代の流れと人類文明の趨勢に従い、自ら変革を起こし、民生に関心を払い、民主を重視し、無責任な抑圧をやめるべきだ。でないと、中国はますます不安定になり、将来大きい社会動乱と人道災難が出現し、20年後 中国は世界で最も貧しい国になるだろう。これは全人類と災難であり、米国の災難でもある」

 蓄財した中国富裕層や共産党高級幹部、北京政府高級官僚らが、こぞって海外逃亡していけば、残るのは貧乏人ばかりというのは、十分あり得る。ヒラリー・クリントン国務長官の言う通りである。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
コメント 
この種のレポートを読めば「中国恐れるに足らず」と行きたいところであるが、節操なくお金儲けにまい進できる

 中国人のエネルギーは別世界のものであろう。道徳、モラルハザード、ルール、契約など簡単に無視してしまう

 中国人は一体どこから生まれたのだろうか?

 痰をバスの中でぺっぺと吐くし、混雑したバスの中では老人などに席も譲らない。日本のヤクザも負けるマナーの

 なさ。刑罰を与えるぞと言われると、突然権力者におもねる、君子もたちまち豹変する。
 
 国全体がカオスのようだし、本当に共産党は国を制御しているのかと、怪しみたくなる。メチャクチャなことを

 して日本企業の建造物を壊し、放火しても、「お前が悪い」と開き直るあの無道徳ぶりは、あきれ果てる。

 しかも、金持ちに成った連中は、子供をアメリカ、カナダへと留学させて、仕事につかせ、後で親がアメリカ、

 カナダへとお金をもって引っ越していくという「亡国の徒」。真面目に中国人と対応しても、こちらが馬鹿を見る

 のではないだろうか。

 自己利益とならないことしかしない中国人は、愛国心もないし、共産主義的精神もないだろう。お金が唯一の価値

 感であろう。神も、仏も、キリストも何も信じない連中は、まかりまちがえば、恐怖をもたらす人間になりうるだ

 ろう。
 
 道教という極めて俗っぽい宗教をもっぱら現世の欲を満たしてくれるものとして、現代中国人はありがたがるそう

 だが、どこからそういった人間が生まれたのか知る価値はあるだろう。







  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode