Work hard, but carefully.

ストレスと受験 2010.01.12 Tuesday msophia

Nothing is more stressful than to work hard for something, but nothing makes you happier than to achieveme something you have tried hard to.

受験生諸君は今や寝る暇もなく勉強に励んでいるだろう。センター勉強の人は暗記物での追い込みで最後の点数アップを目指しているのではないだろいか。私立医学部の受験生も本番が21日からスタートだから、もう観念してしまっている人もおおいだろう。試験はストレスを与えるもの。過度の緊張を感じると、人は嘔吐、下痢、発熱、不眠などと様々な肉体的反応を伴うストレスを感じる。ストレスを感じてこそ一人前である。それがないのはまだまだ勉強が不足していて、合格は遠いということだ。人間にとっては冒頭に英語で書いたようなことは当たり前の出来事であろう。しかしながら、何であれ何かを達成できたときの感じる満足感はとても大きい。人はこの満足感を得たくて努力するのかもしれない。

私が指導した受験生の中には勉強をしていると腸の具合がわるくなってトイレへと行く人がいた。元来過敏性の腸の持ち主なんだろう。また、自宅で合格をイメージするとそれで嘔吐が始まる人もいた。元来胃が弱くかったのだろう。私も恥ずかしながら、大学院で普通に勉強をしている最中に腸の具合が悪くなることが時折あった。前夜にお酒を飲んだわけでもなかったのに。多分、体が「勉強は難しくていやだ!」と叫んでいたのだろう。

こういったストレスはストレスを与える環境条件と縁が切れると収まるものだ。受験生も大学へ合格すればこういったストレスとはおさらばである。おさらばするためにも頑張ってもらいたい。しかし、合格したいと願えば、ストレスがかかり、緊張し失敗する確率がます。その数値は数学の確率計算でできるようなものではないだろう、もっと複雑かもしれない。

どうすれば、適度なストレスを感じながら、見事に達成できるのか。これが分かれば楽なものだが、これは個人が努力を重ねて後にしか体感できないものである。達成したいという思いをもつだけでは達成できない。達成願望+努力がないとこの幸せな体感は得られない。私はこの充足感に満ちた自信ー適度なストレスを感じつつも達成できる自信ーを得るこつを体得したのは、残念ながら遅かった。18歳では達成できなかったようだ。

こういった達成をした人が受験エリートであろう。試験上手な人は一度コツをつかめば忘れない。勿論、試験上手になるにはかなりの努力は必要である。毎日適度な時間を勉強に費やしながら培うものである。人が生来的にもてるものではない。試験上手なパパとママが生んだ子供がまた試験上手になれるものでもないから、遺伝するともいえない。従って試験上手か否かは個人の領域の事柄で、あなたが努力して身につけていくべき後天的な資質(acquired quality)である。ママとパパが勉強できなったとしても、子供が独自に開発して獲得できるものである。

今この時点で焦りまくっている受験生に言いたい。焦る前にもっと焦って勉強すべきだったと(しかし、これでは答えにならないか)。昔から焦りながらもっともっと勉強をしていたら、今頃は気が楽で、適度な緊張を覚えながら試験をうけられただろうに。試験は正直である。小さな設問ごとには「まぐれが」出てくるが、全体的には「実力」が現れる。まぐれも実力のうちといわれる所以である。まぐれが多いほど、かんがさえていて、実力発揮である。ここに至るまでの努力が不足したと思う人(確信犯の人)は、まだまだ追い込むしかないが、睡眠はとって欲しい。でなければまぐれが出る確率が落ちるからだ。睡眠不足は大敵である。また、過剰な睡眠も大敵である。寝すぎれば頭が回転しはじめるのに2〜3時間かかるからだ。そうい場合はコーヒーを飲めば回復はする。

この時に至っては無茶なことはしないことだ。自然体で本番を迎えるべしだ。じたばたしても状況の変化はない。暗記物でばたくるっていれば、数学、物理でこけるから、試験はいやらしい。バランスのよい勉強を長年継続できてきた人が勝つようになっている。そういう人は精神も収まってばたぐるわない。凡人にとって幸せなことにそういった人達は極めて少ないことか。残りの大半の凡人はさほど勉強はしなかったものの、ばたぐるいながら試験会場へといくのだから、ボーダーライン上の戦いは激しい。そこで勝つには落ち着いているべし。あわてない。よく寝るべし。励め!日頃から体を鍛えておき、「通りたい、通りたい」と過剰に思わないで欲しい。今していることに集中して欲しい。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode