久留米市長選総括

政治 2018.02.11 Sunday msophia

わずか5000票の差でようやく当選した大久保市長はこれからどうするつもりか。昨日西日本新聞の市長就任を祝う広告の協賛者・社はいずれも久留米商工会議所の連中ばかり。紙面左の左大臣が本村会頭、真ん中に保険会社のおやじ、そして右大臣のつもりなのかアイスクリームのマルナガが紙面右。だいたい久留米商工会議所に入会している会社が半数程度しかないのだが、その連中の協力を得て市長になった大久保市長は投票率が32%しかなかった事実をどう感じているのだろうか。素人の対立候補には僅差で勝てたのは、やっぱり昔の仲間「連合に泣きついた」から5000の差が出たと新聞記者にいわれてしまっては大久保市長の前途はあまりよろしくない。
バックに立つ鳩山は自民党ではあるが、久留米市は麻生、古賀誠の大物が?虎視眈々と勢力課題を狙っているだけに新市長は国会議員や県会議員との付き合いが難しかろう。鳩山邦夫氏が生きていた当時は麻生、古賀、鳩山は顔を合わせても口もきかない嫌煙の仲だったのが最近では古賀と麻生が妙に仲良くなっている様子。鳩山は若くて力がないから国政の場では活躍できないようにされるのではなかろうか。苦労はしたこともない二郎議員は邦夫御父さんが裏書した手形訴訟はおこされるし、元秘書と共が国税関係で政事圧力をかけたと報道があった。あの辺の仕掛けが古賀誠あたりからのものかもしれない。日ごろから尻軽で悪い評判が聞こえる二郎議員は足元をすくわれやすい。大久保市長も最後には大物の顔色を窺わないといけなくなるだろう。
沖縄の名護市では投票率が70%を超えていたから選挙結果は民意を反映したといえるが32%の久留米市選挙では話にならない。久留米市の皆さんはもっと市民の責任を果たすべきである。市民の意識と行動が政治を支えているし、生活基盤だと痛感すべきである。高良台演習場にはあの100億円アッパチヘリが目達原から時折飛来してきて演習をしているが皆関心もないみたい。国防は大切だが関心がないままで生活をしているとヘリが墜落してくるという危機感もないままの一見平和な生活を送るだけです。民主主政治では最終的には市民につけが回ってくることも忘れてはいけません。政治に参加しない無関心派の増加は政治の老化を招きます。老化するのは人間だけでよい。
隣の筑後市ではわけのわからない政治をしていた中村市長が市議会から辞職勧告をされて辞職しました。辞職の大きな理由は市長が行政の中にコンサルタントを引き込んできて行政の手順を壊してしまったことです。市長が外部から行政の中にコンサルタント個人をつれてきて相談しながら行政運営をするなど聞いたことがなかったのですが、民主主義のもとではとんでもないことが起こりうるのです。市長は絶大の権力をもつだけに市長の行動、メッセージに市民は関心をもつべきです。大久保市長は明善の後輩で人柄は悪くもなさそうだが、選挙で加勢してくれた人達にご褒美をやるような政治をするのかどうか監視の目をゆるめてはいけません。勿論権力闘争の場にしてもいけません。久留米市は今まで豊かな街だっただけに政治家が大物でも、小物でもきちんと回ってきたのが欠点でしょうね
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

盛り上がらない久留米市長選挙

政治 2018.01.20 Saturday msophia

明後日は久留米市市長選挙が実施されるはずだが、町では選挙ムードがさっぱり盛り上がらない。どういうわけだろうか?大久保、宮原、もう一人は名前を知らない人。三名立候補しているが時折チラシが自宅のポストにはいっている程度のものだ。楢原市長が「大久保氏を私の正当な後継者として認める」などと、市民に向かっていうのがおかしい。正当な市長だと決めるのは市民であることを楢原一派は忘れている。大久保氏は明善校卒業であるから私の後輩だが全く個人的には知らない人だ。潰れた東京銀行を辞めてモルガンスタンレーというアメリカの証券投資会社で1億円の給与をもらったこともあったとか。しかしながら、彼をよく知る民進を応援している私の友人は大久保氏のことをよく言わない。なぜなならば、彼はサービス精神がなくて公僕には不向きだというわけだ。民進党の参議院議員当時は大久保氏は地元のためになる仕事は一切せずに、議員報酬をもらうだけのひとだったとか。さらに、国がする土木関係者向けの公共事業を大幅に削減したからその世界の人達にはかなりの恨みを持たれているとか。意外と評判が悪い。私が思うに、民進党は瓦解しつつあるから大久保氏は先を読んで早々と国会議員を辞職、次期市長を長期作戦で狙ったとのだろう。大久保氏を応援する人達も商工会議所会頭の本村氏と鳩山議員だから大久保氏は当選後は彼らに鼻先を掴まれて引きずりまわされるかもしれない。
一方、宮原氏は更に影が薄い。もっと頑張れば勝つかもしれないのに。本気でやる気があるのだろうか?毛並みはいいし外務省の役人で、品格もありそうだし、人柄も悪くはないようだ。しかし、頭を下げて下げて手を握りまくって選挙運動をするどぶ板選挙ができない。組織がない人はどぶ板をはいでも、1票を取らないと勝てないのに。あれでは勝てそうもない。私の知り合いが随分と宮原氏を応援しているそうだが、私には応援の依頼もない。頼まれもしないのにこちらから出かけて応援する必要もないだろう。必死の熱意がない候補者には私も応援する気にはなれない。結局は大久保氏の勝ちで終わるのだろう。明善が附設に勝つのは稀有の事である。卒業生が多いほうが有利なのだ。
問題は大久保氏が当選した暁には、民進党の元の仲間たちが彼に近づいてくることだろう。市長の部屋にも堂々と入ってくるだろう。或いは、怪しげな肩書をもらって市役所の中へ入ってくるだろう。大久保氏がそういうことをうまく防いで市役所を公明正大に運営できたら立派な市長になれるだろう。そのうち本村氏も会頭を辞職するだろうから。鳩山議員はまだヒヨコだからたいしたプレッシャーにはならないはず。久留米市はプラザビルを大金をはたいて建設したが、毎年7億円金利を支払っているとか。金利を払い終えないうちにプラザビルは運営がいきづまるおそれがある。市の持つその他の建築物や施設にも作られた後さっぱり活躍していないものがある。また、久留米市は外人が観光に来る場所がない。外人は久留米を素通りしている。柳川、大宰府、三橋町の大藤などは小さな町なのに、しっかり外人を引き付けている。プラザビル、ラーメン、焼き鳥では外人は来ない。整備された景観を人為的につくればいいのにと思う。久留米市の役人はどうもやる気がないのではないかと思われても仕方ないだろう。だから市長選も盛り上がらないのだろう。30万の人口を抱えているのに無為無策の市役所に見える。市長一人が悪いのではないが、役所自体が比較的大きな田舎町の小さな幸せにひたりすぎているんではないだろうか?斬新的な市長が誕生してもらいたいものだ。

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

憲法改正の提案

政治 2017.05.04 Thursday msophia

今日は憲法の日。戦後の平和思想の根幹を宣言した憲法の意義は大きいことは誰しも認めることである。安倍首相は今日憲法改正の提案を始めて具体的に行った。懸案の九条改正は自衛隊の存在を憲法で認め、その一項、二項には改正の手をいれないというのである。平和思想、個人の自由、平等主義を高らかにうたっている憲法前文には改正の手をいれるつもりはないのだろう。戦後の首相にとっては鬼門だった憲法改正について、首相が明確に意見を述べ国民に憲法改正の提案をしたことは意義深い。
憲法は時代に応じて変えてゆくのは当たり前のことである。世界の国で日本ほど憲法改正アレルギーが強いところはないだろう。それだけに太平洋戦争に対して国民の反省の念は強いし、平和主義への傾倒は強いということだ。NHKが先日海底に沈む巨大戦艦武蔵の特別番組を放映していたが、あの戦艦の破壊ぶりを見せられ私も改めて戦争の恐ろしさを痛感させられた。武蔵の乗組員二千数百名のうちシブヤン海峡の海で助けられた生存者は五百数十名。しかもその生存者はフィリピンルソン島での不毛の戦いでほとんどが戦死。最終的な生存者は五十名ほどだったという。乗組員は十代後半の青年が多数いて、防護カバーさえない機銃の銃座からあたりもしない弾をアメリカの戦闘機に向かって撃ちまくり、激しい戦闘の中で死んでいったという。飛行機から投下された爆弾で兵士の体は肉片へとなり周囲にまき散らされていたそうだ。
戦前も昭和の時代に入ってくると、子供達は天皇の子供であり、神国日本に敵なしという洗脳教育を施されたそうで純粋な子供は兵隊になるのが男子の本懐とされたとか。体操の授業には柔剣道が取り入れられたし、女子にも軍事教練が行われたそうだ。今の平和憲法のもとでは想像がつかない。戦地へ赴いた人達は戦争体験を具体的に語ることもないままに死んでいく人が多いようだ。敗軍の将兵を語らずの思想感がそうさせるのか。
今の憲法は平和主義、自由平等の思想がその根幹であるし、戦後の平和と経済の繁栄が憲法のおかげであったことも間違いがいない。そして国家の安全保障はアメリカの手に委ねられていることが事実であることを国民は承知しているようだし、アメリカと手切れになるなど夢のまた夢の心理である。こういった他国の軍事力に国の安全を委ねることを改め、自らの手で平和を守ろうというのが安倍首相、自民党の考えである。戦前のようなことは決しておこしてはいけないという平和主義にのっとりつつ自国の安全保障は私たち日本人がするべきであるというのだから、国に自衛権を認めなくてはいけないのである。今の憲法は誰が読んでも自衛権をも放棄していると解釈できるから、自衛隊さえも憲法違反であることは明白である。法律の運用にのっとり自衛隊は仕方なく認められた最小限度の自衛力しかない軍隊である。他国へ攻め入る力はない。
中国、北朝鮮、韓国、台湾は日本の自衛隊は戦争は交戦権さえない張り子のトラの軍隊だと承知しているから、自衛隊を怖いものだとは思ってもいない。アメリカの軍隊が怖いだけである。日本の周辺の国々は戦前の帝国日本への復讐心、恐怖心が強いのだろう。自衛隊がまともな軍隊にならずに自衛権、交戦権を行使できるない今の状態が理想的な軍隊であろう。彼らにとって安倍首相ほど厄介な人はいないだろう。安倍首相は言いにくいことをはっきりと言える初めての首相である。今後憲法改正論議が国民の間で深まることだろうと私は予測している。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

嫌韓、反日思想の行先は。

政治 2016.05.06 Friday msophia

韓国通の武藤正敏氏の今の韓国に関する意見

韓国では「七放世代」という言葉が流行語になっています。これはいまの若者たちが、「恋愛、結婚、出産、マイホーム、友人との交際、夢、就職」を放棄した世代という意味です。それほど若者たちの将来ビジョンが見えなくなっているのです。韓国の'14年の自殺率は、人口10万人あたり27・3人にも上り、OECD加盟国中、最悪です。

 韓国は、経済が悪化すると政府が「歴史」を持ち出して、日本を非難する傾向があります。

 しかし歴代の政権で、韓国経済を発展させた政権は、いずれも日本と親密な関係を築いていました。それは、朴正煕、全斗煥(チョンドウホアン)、金大中(キムデジュン)の各時代、及び李明博(イミョンバク)時代の前期です。逆に反日を振りかざす政権ほど、韓国経済を悪化させているのです。

 現在の日韓関係における最大の課題は、両国間に戦略的な対話がないことです。特に、安倍晋三首相と朴槿恵大統領が胸襟を開いて話し合う機会が少ないので、日韓双方の国益となるビジョンの構想ができなくなっています。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
武藤氏は一部の日本人からは売国奴呼ばわりをされている人物である。現代に掲載された彼の意見は全部がダメというものでもない。彼の言うことに聞くべきものもあると私は思うから一部を引用させてもらった。
私は韓国へ何度か言ったことがあったが、実際に買い物や食事をしている最中に反日的なものを感じるることはなかった。反日的なものを実感したのは、ソウルの地下鉄の車内で中年の男性が私の体を腕でこづいたことと、通りをデモ行進していた連中の一人が、突然「日本人め」といって長い旗竿を私につきかけてきたことくらいだった。
現在日本人はほとんどが韓国人を嫌いのようだ。今の大統領になって韓国マスコミと一部の政治家の反日思想がいつの間にか韓国の主流であるかの様相を呈してしまい、しかもすっかり朴大統領が親中国という態度をとるに至り、日本人の嫌韓感情はかなりのもである。戦前の歴史に関して中国と韓国は共通の考え方をもつべきであるという習近平の口車にのせられた朴大統領は、最近でこそ日本に向かって親しげなポーズを取り始めたが、マスコミに煽られていつまたころっと反日にかわるかもしれないというのうのが私の意見である。

武藤氏のような韓国寄りののいうことが、戦後の日韓歴史を正しく分析していると思うのだが、こういったまともな意見に韓国のマスコミと一部の政治家が耳を貸さないのが韓国の現状である。何事も目立つほうがリーダーシップをとるのは世の常。韓国は反日でこりかたっまているかのように見える。朝日新聞、毎日新聞が戦前の歴史的な事実に対してマスコミが犯した罪の償いを自虐的に強調するばかりで、実際に行われてきた実務レベルでの両国間での努力にはふたをすることで現実を庶民にみせないのとそっくりである。何故にそんなに「過去にこだわり続けるのか」今の若い日本人には分からないであろう。現在のマスコミのやり方は反日と嫌韓の人々を増やすだけであり、益はあまりないだろう。かえって、狡猾な習近平に付け込まれてしまうだけである。

習近平に朴大統領がウィンクしても何もしてくれないのが、中国という国である。歴史的に中国は韓国人を見下してきたから対等の関係で付き合う気持ちがない。一方、北朝鮮の金正恩のことは習近平も大嫌いのようではあるが、対日、対米の関係において利用価値があるから密貿易で北朝鮮に物資を売り、恩を売ってかわいがっているだけである。三者三様の歴史認識を持つ、日本、中国、朝鮮はそれぞれが成長しないガキのごとき有様である。これでは平和なアジアンは来ないだろう。米国がアジアでの覇権主義を捨てて、自由にやってくれと言えば、これらの国々でまた戦争が勃発するかもしれない。西欧のようにはなれそうもない。

上の記事のように、韓国の若者には夢も希望もないかのようである。しかしながら、日本の若者もそうめぐまれたものではなかろう。日本でもいろいろな問題がおこりつつあるし、若者の中には貧困に苦しむ人もいる。中国だって共産党員だけが経済的な潤いの恩恵に浴しているにすぎず、その他の一般人は恩恵とは無関係である。その歪みは大きいものである。年収数千万円の人ががいる一方で、年収数十万円の人がいるのが中国の現状である。韓国も貧富の差が大きいから夢も希望もないのである。日本が3国では一番民主化に成功した国であるから、中国、韓国、北朝鮮は日本をモデルにして努力するべきである。

しかし、現状をみるにつけ到底そういうことは不可能としか思えない。アメリカが太平洋から去っていくとしたら、どうなるのだろうか?えらく単純で主張が分かりやすいトランプ氏がアメリカ保守党の大統領候補になったそうだが、彼の能力は未知数で言うことが理不尽そうな人物だから、大統領にはなってもらいたくないものだ。トランプ氏くらいしかアメリカの保守党には優れた人物がいなくなったのだろうか。レーガン大統領のように映画俳優だった人がとても立派に任務を果たしたひともいたが、トランプ氏はいかにも理性も教養もない人物に見えるが、これも私たちがマスコミにうまく騙されているのだろうか。マスコミのコントロールにも用心しないといけない。

話はかわりますが、昨日熊本の植木温泉いきました。何事もありませんでした。連休のおかげで道の駅にはたくさんの人がいました。植木は震災の被害はなかったそうですが、被災者に温泉を無料解放したら、温泉のシャワーの元のポンプが壊れてしまったそうです。被災者たくさん来て、長時間をかけて髪を洗う人が多すぎたためだそうです。熊本の市内は家の屋根はほとんどがシートカバーのブルーだそうです。熊本城にはシートもかけられずにいます。あの立派なお城はどうするのでしょうか、心配です。
  • Yahoo!ブックマーク
- | -

中国で何かが起きている

政治 2015.08.14 Friday msophia

ここ二週間で中国の異変が顕在化してきました。何が起きているのでしょうか。人民元は三日連続で基準値を突如として切り下げました。政変が起きているのでしょうか。強力な政治運営に不満を持つ分子が、天津で工場の爆発を画策したのでしょうか。あの黒煙は火薬が爆発したときの色だと専門家の一人がテレビで言っていました。賄賂が横行する現状を改革しようとする習政府への、反対派の仕掛けが株の暴落だとも言われています。
中国は大国です、しかも異なる民族がひしめき合って生活をしています。彼らは国家観念はありません。あるのは強烈な個人主義と家族主義、同族主義です。中国共産党が中国をまとめているのもそういったいろんな人達の利害を上手に処理してきたからです。しかしながら富を蓄えてしまったブルジュワが共産党政府の手法に従うかどうか分かりません。外車を乗り回し、何百億もの資産を持ってしまった彼らは、毛沢東時代には予想できなかった人達です。彼らは中国に居続ければ財産を取られる危機感がありますから、子供を海外に留学させ、それを利用して蓄えた財産を海外へ持ち出そうと画策しています。指導者たるものが利権を漁り真っ先にブルジュワに成り上がり、保身に走っているのです。毛沢東は今の現状に草葉の陰で涙していることでしょう。
上海や深圳の株の暴落はすさまじいものでした。先物売りで30パーセントの暴落をしたりするのですから、個人株主は破産してしまいます。株式市場は今は小康状態を見せていますが、いつまた暴落するかわからない状況です。不動産投資に失敗した人達が株の売りに走って、利益確定の売りに躍起になっていると、日本のマスコミは言いますが、いつものように上辺だけの解説しかできませんから、真相はわかりません。しかしながら、中国で異変が起きていることは間違いないです。中国の情勢からしばらくは目が離せなくなりました。尖閣も、南シナ海もしばらくは小休止となるようです。
JUGEMテーマ:日記・一般


  • Yahoo!ブックマーク
- | -




qrcode